ソトブログ

映画と本、自然観察(あるいは30代後半、2児の父の日常)

洋画サウンドトラック10選―デヴィッド・ボウイ"Modern Love"にのせて彼女は走る。【2010年以降編】

 

f:id:tkfms:20170906212219j:plain

『フランシス・ハ』Frances Ha

 

ここ最近、とくに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のヒット以降、映画のサウンドトラックがまた面白くなっています。
また、『シング・ストリート 未来へのうた』など音楽そのものがテーマになった映画の場合、劇中の人物(バンド等)の作品がそのままサウンドトラック・アルバムに収録され、しかもそれが最高に素晴らしい楽曲であることもしばしば。

 

私自身、ここ数年で映画をたくさん観るようになったこともありますが、映画のサントラを聴く機会が増えました。
配信やストリーミングの時代、アルバム一枚を通して聴く、ということが昔よりグッと減りましたが、サントラはその映画のテーマや内容、時代性に沿った統一感がある一方、収録アーティストや楽曲のバラエティに富んでいて、ある種、人のプレイリストを聴くような面白さがあります。しかもそれはただの他人じゃなくて、「あの映画」を作った人たちが、あの映画に合うと考えて作ったプレイリスト!なのです。


通して聴くことでその世界観に浸り、映画への理解もいっそう深まるような気さえしますし、日常のBGMとしても映画のイメージとともに気分のスイッチを切り替えてくれます。それでは――、

 

はじまりのうた(2013)

f:id:tkfms:20170906221006j:plain

はじまりのうた
原題:Begin Again
監督:ジョン・カーニー

 

まずは音楽そのものをテーマにした映画から。

同じジョン・カーニー監督の『シング・ストリート 未来へのうた』はもちろん最高ですが、『はじまりのうた』で特筆すべきは、劇中でSSWを演じるキーラ・ナイトレイの歌唱。映画のなかではNYの野外でゲリラ・レコーディングを敢行して製作したという設定の、楽曲や演奏の素晴らしさはもちろんのこと、プロパーの歌手ではないキーラ・ナイトレイの、繊細でニュアンスのある歌声が聴ける唯一のアルバムとして。

 

はじまりのうた-オリジナル・サウンドトラック

はじまりのうた-オリジナル・サウンドトラック

 

 

ジャージー・ボーイズ(2014)

f:id:tkfms:20131011124754j:plain

 ジャージー・ボーイズ
原題:Jersey Boys
監督:クリント・イーストウッド

 

イーストウッド監督による60sアメリカのロック・グループ、フォー・シーズンズの伝記にして、同名ブロードウェイ・ミュージカルの映画化。ブロードウェイのオリジナル・キャストが主要キャストを演じており、サウンドトラックも、フランキー・ヴァリを演じたジョン・ロイド・ヤングの"Sherry"をはじめとした新録が素晴らしい。オリジナルの楽曲の良さを損なわず、今聴いても古さを感じさせないポップ・ミュージックとして成立させています。

 

ジャージー・ボーイズ オリジナル・サウンドトラック

ジャージー・ボーイズ オリジナル・サウンドトラック

 

 

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(2013)

f:id:tkfms:20120221143840j:plain

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
原題:Inside Llwyn Davis
監督:ジョエル&イーサン・コーエン

 

主演、オスカー・アイザックが劇中でルーウィン・デイヴィスとして歌ったフォーク・クラシックや、ジャスティン・ティンバーレイクキャリー・マリガンが歌う“Five Hundred Miles”など、レイト50s~アーリー60sのフォーク・ミュージックに、新鮮な響きを与えることに成功しています。ルーウィン・デイビスのモデルであるデイヴ・ヴァン・ロックや、ボブ・ディランの楽曲(未発表ヴァージョン)も収録されていて、ここから掘り下げてオリジナルを辿りたくなる名盤。

 

インサイド・ルーウィン・デイヴィス

インサイド・ルーウィン・デイヴィス

 

  

ランナウェイズ(2010) 

f:id:tkfms:20170906221809j:plain

ランナウェイズ
原題:The Runaways
監督:フローリア・シジスモンディ

 

レイト70sのガールズ・ロックバンド、ザ・ランナウェイズを描いた今作の白眉は、なんといってもあの『アイ・アム・サム』や『宇宙戦争』で子役として活躍していたダコタ・ファニングが、下着姿で歌うランナウェイズのリードVo.、シェリー・カーリーを演じて歌った“Cherry Bomb”をはじめとした楽曲群。私自身、この映画がなければ、ランナウェイズや、他に収録されているストゥージズやセックス・ピストルズの楽曲を、改めて聴くことはなかったかも。

 

 

チョコレートドーナツ(2012)

f:id:tkfms:20130821132844j:plain

チョコレートドーナツ
原題:Any Day Now
監督:トラヴィス・ファイン

 

ここからはドラマ映画。

ゲイカップルがダウン症の少年を養子として育てるために、様々な社会障壁にぶつかっていく、暖かくも、シリアスで胸の痛いヒューマンドラマ。その歌詞がタイトルに引用され、映画内でも大きな意味を持つ、主役のひとり、ショーパブのシンガーを演じたアラン・カミングの歌うボブ・ディランの“I Shall be Released”。この曲のために聴く価値のあるサントラ。

 

チョコレートドーナツ【国内盤先行発売/帯・解説付き】

チョコレートドーナツ【国内盤先行発売/帯・解説付き】

 

 

キャロル(2015)

f:id:tkfms:20170906222415j:plain

キャロル
原題:Carol
監督:トッド・ヘインズ

 

今回挙げたサントラのなかで、個人的にはいちばん聴いたかもしれないアルバム。コーエン兄弟スパイク・ジョーンズの映画全ての音楽を手がけているというCarter Burwellによるスコアと、数曲挟まれる、映画の舞台となっている1950年代のヒットソングのヴォーカル曲とのバランスもよく、ケイト・ブランシェットルーニー・マーラの主役二人が湛える気高さにぴったりの、上品で美しい音楽たち。

 

「キャロル」オリジナル・サウンドトラック

「キャロル」オリジナル・サウンドトラック

 

  

ファミリー・ツリー(2011)

f:id:tkfms:20170906222542j:plain

ファミリー・ツリー
原題:The Decsendants
監督:アレクサンダー・ペイン

 

サイドウェイ』『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』のアレクサンダー・ペイン監督作。ジョージ・クルーニーカメハメハ大王の末裔の一族で、財産管理を行う弁護士を演じた作品。事故で意識不明の重体となった妻の浮気を事故後に知ったり、思春期の子どもたちに翻弄されたり、土地の売却問題で東奔西走したりする、クルーニーのおろおろぶりが哀しくも可笑しい。映画自体、私も大好きな名作なのですが、全編、繊細で美しいウクレレやスティールギターの音が響くハワイアン・ミュージックで占められたサウンドトラックも、映画同様の哀感が漂って、素敵なアルバムです。

  

ファミリー・ツリー オリジナル・サウンドトラック

ファミリー・ツリー オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,ギャビー・パヒヌイ,サニー・チリングワース,レナ・マシャード,ソル・フーピズ・ノヴェルティ・トリオ,デニス・カマカヒ,ケオラ・ビーマー,オジー・コタニ,チャールズ・マイケル・ブロットマン,マカナ,ケオラ・ビーマー with ジョージ・ウィンストン
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2012/04/04
  • メディア: CD
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

幸せへのキセキ(2011)

f:id:tkfms:20170906223540j:plain

幸せへのキセキ
原題:We Bought a Zoo
監督:キャメロン・クロウ

 

原題“We Bought a Zoo”、最愛の妻を亡くしシングル・ファーザーとなったマット・デイモンが、自身と家族の再生を求めて郊外の動物園を買う、というファンタジックな、しかし実話を基にしたストーリー。アイスランドのバンド、シガー・ロスのフロントマン、ヨンシーが全編の音楽を担当しており、「風変わりな設定のヒューマンドラマ」が、ヨンシーの楽曲のMVに見えるほど、この音楽なしに成立しない映画だと感じさせます。10代で雑誌『ローリング・ストーン』の記者になり、自身の体験を基にした『あの頃ペニー・レインと』の監督でもあるキャメロン・クロウならではの審美眼。

  

幸せへのキセキ

幸せへのキセキ

 

  

フランシス・ハ(2012)

f:id:tkfms:20131220121459j:plain

フランシス・ハ
原題:Frances Ha
監督:ノア・バームバック

 

「映画に使われやすい楽曲」というのがあって、ここでヒロインのフランシス(グレタ・ガーウィグ)の疾走シーンでかかるデヴィッド・ボウイ“Modern Love”もそのひとつ。というより決定版!「こじらせ女子」であるフランシスに、ひょっとして感情移入できない人も、このシーンの素晴らしさにはぐうの音も出ないでしょう。この曲の使用ではレオス・カラックス汚れた血』が有名ですが、最近ではメラニー・ロラン主演の『突然、みんなが恋しくて』にも効果的に使われていました。

  

Frances Ha (Music From The Motion Picture) OST

Frances Ha (Music From The Motion Picture) OST

 

  

ヤング≒アダルト(2011)

f:id:tkfms:20101110131022j:plain

ヤング≒アダルト
原題:Young Adult
監督:ジェイソン・ライトマン

 

こじらせ度では『フランシス・ハ』を上回る、本作のシャーリーズ・セロン=メイビス(37歳・独身・YA小説のゴーストライター)。彼女にとっての青春のサウンドトラック(おそらく脚本のディアブロ・コーディ:1978年生まれにとっても)とでもいうべき90sロックが並ぶコンピレーション・アルバムのようなサントラ。映画冒頭でメイビスが繰り返しカーステで聴くティーンエイジ・ファンクラブ“The Concept”をはじめ、私のような完全同世代にとっては、完ペキに青春プレイバックなアルバムであり、映画ですが、上下の世代にはどのように響くのでしょうか。訊いてみたいものです。

 

Young Adult

Young Adult

 

  

 上記で紹介したサントラの、収録曲へのリンク集を作成しました。

sotoblog.hatenablog.com

 

sotoblog.hatenablog.com